半熟どうでしょう

CBR乗り休日ライダーの備忘録

Yの決断 ~CBR1000RR(SC59)納車~

当日の天気は 曇時々晴れ の予報、実際は薄い雲の張った青空で

暑くもなく、寒くもないというバイクに乗るには適した一日。

 

友人S氏に協力してもらい、お店の開店時間に合わせて車を出してもらいました。

S氏、本当にありがとう…!

 

お店に到着するとナンバーの付いたSC59がお出迎え。

車格はMC41とさほど変わらないはずなのに、緊張していたのか現車確認した時より大きく感じてしまい「本当にコレ乗って帰れるのだろうか…」と不安になりました。

 

店員さんにご挨拶して納車手続き

Yさん、引き渡しまで丁寧に対応してくださりありがとうございました。

 

クラッチの当たりを確認しながら、テストで数回エンストさせてから出発

 

ハイオクは昭和シェル石油で!と決めていたので、検索した近場で初給油

残念ながらセルフではなかったのですが、スタンドの店員さんがバイク乗りだったらしく「これ新車ですか?」と一声かけてくれました。

普段はセルフのスタンドでしか給油しないので、そういった会話が出来るのは友人スタンドの面白いところだなぁ、と思ったり。

 

帰り道に数か所ロケ地を巡り(S氏にも付き合ってもらいました(;´∀`))

憧れのバイクで、憧れの場所へ行くことが出来ました。

 

仮面ライダーWより 鳴海探偵事務所

f:id:Halfboilder:20170312224445j:plain

この写真を撮っている時、4~5歳くらいの男の子がこっちを見ながら

「あのバイクかっこいい!仮面ライダーみたい!」と言ってくれたのです…

胸が…熱く…なりました。少年よ、その気持ち大切にしてね…ありがとう…。

 

本日1日、CBR1000RRを約100kmほど運転してみましたが

MC41と比較して、アクセル開度に対してのレスポンスの良さ、異次元の加速体験

エンジンブレーキの効かなさ、どんどん上がる水温などなど

いいところ、悪いところがたくさんありすぎて心の整理が追いついていません。

 

緊張の糸が途切れた為か、異常な眠気に襲われながらこの記事を打ち込んでいますが

現時点で、これだけは確信を持って言えます。

このバイクに乗って良かった。

 

もう少し走ったら、ちゃんとした(?)インプレッションも記事にしたいと思います。