読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟どうでしょう

CBR乗り休日ライダーの備忘録

2017 GW1日目

お久しぶりでございます、4/1以来の更新になります。

 

思いの外ツーリング目的でバイクに乗る機会に恵まれず(今年は祝日少ないんですよね)

記事にするほどでもないなー…という週末を繰り返していたら一ヶ月経ってしまいました…!

ブログに飽きてはいないですが、いざ走りに行くとへとへとになってしまい、記事を書くモチベーションに繋げられないという悪循環に陥っております…

なんとかせねば…!

 

さて、5/3〜5/7までGW休みを頂けたので

溜まりに溜まったバイク欲を発散するべく

ながのちほーへキャンプツーリングを敢行いたしました。

 

ざっくりとした備忘録になりますが

写真とともに振り返っていきたいと思います。

 

実は今回のツーリング、初めてのグループキャンプ企画と相成りまして

普段から行き当たりばったりでツーリングしている自分にとっては

結構なプレッシャーとなりました(主に天気的な意味で)

 

雨が降ったりしたら参加者のGWの予定が台無しになってしまいますからね…

その責任を全ててる坊に押し付け(祈り)ながら当日を迎えました。

 

5/3長野県は内山牧場キャンプ場へ

この日はキャンプ場でメンバーと合流、設営するだけだったので遅めの出発

いつものようにオール下道ツーリングです。

「国道299号線から十石峠手前で254号線方面へ抜けていけば3時間ちょっとで着くかなー」などと思っていたのが大間違い

秩父の芝桜の存在を忘れていて、299で大渋滞に巻き込まれました。

f:id:Halfboilder:20170514132422j:plain

道の駅あしがくぼの女性トイレに列が出来ていましたからね…初めての光景でした。

 

結局お昼ごはんの時間を犠牲にして定刻通りの到着

f:id:Halfboilder:20170514131040j:plain

荒船山がいい仕事してます。

内山牧場キャンプ場は展望の良い芝生サイトとなっており、

車両の乗り入れも可能なのでお気に入りです。(出入りが勾配のある砂利道でとても怖い)

 

HPに記載されているチェックイン時間に行ったのですが

GW期間ということもあり、既にかなりのテントが張られておりました。

 

一周ぐるっと回ってみるも、平らなところで3人分のバイクとテントが設営出来るところが見つからず、悩んでいても他に先を越されてしまうので

デイキャンプされているご夫婦にお声掛けして近くに張らせて頂くことに。

 

設営が終わる頃、岐阜からお越しの『こばやしさん』&CB400SBが

こばやしさんの設営が終わる頃、京都からお越しの『もびさん』&CBR600RRが合流f:id:Halfboilder:20170514132855j:plain

 

このお二人とはバイクが繋がりで知り合ったはずなのに

ツーリングより先にメイド喫茶やスノボ会をご一緒してしまった為、

「本当にライダーだったんですね…!」などと失礼な事を言ってしまいました。

いやぁ…本当にライダーだったんだ…(感慨深い)

 

もびさんはツーリングキャンプが初めてとの事で

全員で手伝いながらテントを張ったのですが、これがとても楽しい体験でした。

共同作業ってグループキャンプの醍醐味ですしね。

 

設営を済ませたら佐久市方面へ買い出し&お風呂

みんな大好きツルヤ(長野のご当地スーパーマーケット)にて、思い思いの食材(インスタントとは言っていない)を買い込みました。

キャンプ場へ戻ろうと駐車場で準備をしていたら、「菜の花畑の隣にハッピードリンクショップが見えたから行ってみよう」という提案が。

f:id:Halfboilder:20170514135658j:plain

1人だったら絶対見逃していたであろう景色…!

本当にありがたい提案でした!(自販機写ってないけど 泣)

 

キャンプ場へ戻って夜ご飯

ソーセージとモツ鍋、バジルな鶏肉やオイルサーディンを頂いてしまいました…!

ソロキャンプだと良くて二品な夕飯事情だったので、

この点でもグループキャンプらしい事が出来て嬉しかったです。

私はお礼にジンギスカンを提供

 

夕飯の写真一枚も撮ってなくて後悔…

 

寒い中焚き火にも付き合ってくれたお二人、ありがとう!

楽しい夜でした!

 

翌日は佐久市内でバルーンフェスティバルがあるので早めに就寝。。。

 

HYODと聖杯とたくさんの忘れ物

4/1 エイプリルフール

東京の天気予報は雨でしたが

降りそうで降らない空模様にやきもきした方も多かったのではないでしょうか。

私もその1人で、バイクで出掛けたいけれど道中雨に降られるのも嫌だし…

と悩んでいるうちに午後になってしまいました。

 

一日外に出ないまま休日を終えるのは翌日のテンションに影響がありそうなので

春夏ウェアキャンペーン中のHYOD東京まで走りに出ることにしました。

 

忘れ物その1:グローブ

走りに出るには必須アイテム

停めている場所から家まで素手でバイク移動する羽目になりましたが

大したロスではないので気にはしていませんでした。

今思えば、フラグだったのかもしれません。

 

忘れ物その2:マグカップ(聖杯)引き換え券

f:id:Halfboilder:20170401233258p:image

HYODキャンペーンの一環として

1万円以上の予約・購入でマグカップ(聖杯)がもらえるのですが

告知DMと一緒に入っていた引き換え券を忘れました。

雨が降りそうな空模様の中、わざわざ家に引き返すのは心が折れそうでしたが

この聖杯戦争は本日のメインクエストなので取りに戻りました(往復15分のロス)

 

HYOD東京に到着し店内を物色

フード付きのジャケットを始め春夏ウェアの新作も続々と入荷していました。

人気商品は早々に売り切れちゃったりするらしいので、買い時が難しいのですよね

キャンペーン期間中、指定の土日はポイント3倍というのもあり心が揺らぎます。

 

しかし今回は聖杯をもらうのが目的なため、出費は最小限に。

そこでチョイスしたのがこちら

 f:id:Halfboilder:20170401232742j:image

f:id:Halfboilder:20170401232838j:image

HYOD DYNAMIC D3O®CHEST PROTECTOR

手持ちの夏用メッシュジャケットに胸部プロテクターが付いていないので

いつか買わねば!と思っていたので願ったり叶ったりのタイミングでした。

(写真酷くて申し訳ありません) 

 

f:id:Halfboilder:20170401232921j:image

COOL HAND BOOSTER (SHORT)

真夏のグローブ脱着が億劫になるほどの手汗っかきなので購入

大型バイク(熱がすごい)に乗換えた事もあるので、少しでも快適になればと期待しております。

 

そして手に入れた聖杯がこちら

 f:id:Halfboilder:20170401232930j:image

キャンペーン開始したばかりなので在庫は全色あり

これから春夏シーズンということで涼し気な色を選ばせて頂きました。

 

スズキさんの湯呑みと一緒に並べて使いたいと思います。(ホンダ乗りだけど)

 

バイク関連メーカー×マグカップor湯呑み

どうしてこうも欲しくなるのか…聖杯戦争は終わらない。

 

 

そして、最後に

忘れ物その3:会計時にポイントカードを渡す

 

ぁああああ…痛恨…!!

明日、電話してみよう(´;ω;`) 

 

追記:翌日近場までツーリングすることになったので事情を話してポイント付けて頂きました。

何れにせよ電話(レジ手打ち)ではポイント処理は出来ないそうです。

たまにしか使わないカードって忘れがちなのです。今後は気をつけよう…!

 

 

 

 

余談

3/25日(土)に東京モーターサイクルショーへ参加していたのですが

思いの外写真を撮っておらず公開お蔵入りになりました(ノ∀`)

CBR1000RRに1000km乗ってなにを感じたのか

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが

記事タイトルは仮面ライダーのパロディっぽい感じで付けております。

(いつまで続くか生暖かく見守ってくださると幸いです。)

 

さて、CBR1000RR(SC59)2010年式に乗換えてから1000kmほど走行をしてみましたので

ファーストインプレッションなんてものを書き残しておきたいと思います。

f:id:Halfboilder:20170321224958j:image

 

※乗った事のあるバイクが少ないブログ主の、主観による内容になります

ご了承くださいませ。

私がエンジンを掛けて走行したバイクは

CB400SF-K (普通二輪教習車)

CBR250R (自己所有)

CB750 (大型二輪教習車)

S1000RR (試乗会にて)

以上の4台です。

何故ブログを始めようと思ったのか - 半熟どうでしょう

 

もくじ

 

デザイン

まず、フロントフェイス。個人的には非の打ち所がありません。

SC57からのフルモデルチェンジ発表当初は、批判の声が多かったらしいですが

丸みのある生物的な可愛さがあって、とても気に入っています。

f:id:Halfboilder:20170321224930j:image

近年のモデルはエッジの効いたメカニカルなデザインが主流になりつつある印象ですね。

 

余談ですが09年式のYZF-R1(出目金なんて愛称付けられている)も好きです。

 

余談その2ですが仮面ライダーWに登場するハードボイルダーのベースになった車体でもあります。

というか、そこに憧れてこのバイクを知り、そして購入しました。感無量です。

 

 

メーター周りもお気に入りです。CBR250R(以下MC41)もそうだったのですが

この年式まで、アナログタコメーターなのです。(速度表示はデジタル)

f:id:Halfboilder:20170321225115j:image

視認性の良さもありますが、【鍵を抜いていても存在する情報量】と言いましょうか…その見た目が好きです。

唯一、ガソリン残量表示がないのが欠点ですね。(エンプティマークはありますが、まだ慣れません)

 

ホイールも、丸みのあるカウルデザインに馴染むシンプルさが気に入っています。

f:id:Halfboilder:20170321225152j:image

3本スポークは磨きやすい、という点でもメリットだと思います。

 

長くなってしまうので、もう一つだけ

後方から見た姿。これがもう、エロいんです。

f:id:Halfboilder:20170321225233j:image

くびれたシート(腰)から流れるように膨らんでいく控えめなテールカウル(お尻)

そして健康的な太いタイヤ(太もも)!それを支えるスイングアー(ry

たまらんのです…(;´Д`)ハァハァ

 

ポジション

問題なく両足ベタつき(身長181cm)なのですが、

それでも跨りながらの取り回しは重く感じます。

下り坂なんかは降りて押さないとバックするのは厳しいです。

車重はABS仕様車なので210kgになります。(MC41=164kgは軽かった…!)

 

前傾姿勢は以前乗っていたのもCBRなので違和感はほぼありませんでしたが

ハンドルが低くなった分、更に前傾になるので手首の負担が増した印象があります。

MC41よりタンクがツルツル?していて、ニーグリップが滑って膝で支えられないので

タンクパッド購入を検討中です。(革パンツのお陰でなんとか乗れています)

 

走行性能

初めて走り出した時、思わず笑ってしまいました。

2速に入れてアクセルを捻ると「ミャァアーーーーーン↑」という音の上昇と共に、どこまでも加速します。

国内仕様でパワーも最高速も自主規制されていますが

今のところ不満は全くなく、自制心との戦いに身を投じた事でいっぱいいっぱいです。

瞬間的に身体が引っ張られる体勢になった時、アクセルがそれにつられて開いてしまって危うく吹っ飛びかけました。

高速道路や峠の上り坂でもモリモリ加速していくので、乗っていてとても気持ちがいいです。

ただし、渋滞走行は非常に相性が悪くMC41では気にならなかったエンジンの熱が、

停車していると3月でもすこし汗ばむくらい発生します。あとガソリン臭い。

夏場どうなるか、楽しみであり不安でもあります。

自身の水分補給をしっかり管理しながら走りたいと思います。

 

燃費

1000km走った時点での平均燃費は15.8km/L

大型バイクとしては可もなく不可もなしというところでしょうか。

慣らし運転も兼ねていたので、ギアを落として回転数高めに走っていたので

今後に期待したいところです。

 

田舎町を走っていてエンプティマークが光り、ここで入れないとまずいと寄ったガソリンスタンドがお休みだった時はかなり焦りました。

10数キロ先に別のスタンドがあったので「どうかそこまで走ってくれ…!」と祈りながら走行しましたが、その時は16.44L入りました。

タンク容量が17Lなので250km超えたら残量に気を付けたいと思います。

 

覚悟の上で購入しましたが、MC41の平均燃費は33.4km/Lだったので

燃料費用が倍以上になるというのは、ボディブローのように効いてくると思います。

 

積載性

ないです。シート下に書類を入れるだけでも苦労しました。

が、その分エロいので許せてしまいます。

 

前回の記事で紹介したユーロシートバッグの他

ツアーシェルケース(サイドバッグ)とキャンピングシートバッグ2(大容量シートバッグ)を所有しているので

なんとか取り付けてキャンプツーリングを!と、方法を考案中です。

 

まとめ

走行性能,デザインは個人的には120点を超えるほど気に入っているので大満足です。

ホンダスポーツバイクのフラッグシップということもあり所有欲も満たしてくれますが

今後の乗り方次第では不便に感じる事も出てくるかもしれません。

しかし、それはそれとして楽しみながら、長い付き合いが出来るよう大事に乗っていきたいと思います。

リアシートが開かなくなった原因はなにか

CBR10000RRが納車されて一週間が経とうとしていますが

思い返してみれば毎日仕事帰りにバイクの様子を覗きにいっていました。

はい、デレデレです。

 

さて、SS(スーパースポーツ)のリッターバイクと言いましても

私の乗り方はツーリング用途が主ですので積載力が欲しくなります。

以前乗っていたCBR250RにもTANAX モトフィズのユーロシートバッグを付けていましたが

CBR10000RRにも適合しているとの事で移植を試みました。

 

タナックス(TANAX) ユーロシートバッグ モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-063(容量14?)

タナックス(TANAX) ユーロシートバッグ モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-063(容量14?)

 

 

 

 

取り付けはリアシートを外して

バックルの付いた固定ベルトをリアシートに通します。

f:id:Halfboilder:20170320203121j:image

リアシートを戻す際に余ったベルトが金具に噛まないようにする点は注意が必要です。

f:id:Halfboilder:20170320203236j:image

左右上下から飛び出た4つのバックルでバックを固定して作業完了。

f:id:Halfboilder:20170320203153j:image

 

とってもカンタンです。

カンタンなのです。

カンタンすぎて保険等のコピーをリアシート下に入れるのを忘れていました。

 

リアシートを開けようとシリンダーに鍵を入れます。

 

そこで、事件は起こりました。

 

 

鍵が回らない。

 

 

というか、奥まで入らない。

 f:id:Halfboilder:20170320203411j:image

 

詰め物のいたずら?ピンの故障?

エアダスターで鍵穴を吹いたり、鉛筆の芯を鍵に擦りつけ滑りをよくしてみたり

精密ドライバーで鍵蓋を押さえて中を覗いてみたりしましたが解決せず。

 

疑心暗鬼になりながらも念のため購入したバイク屋さんにTELしてみました。

(納車説明で開けてもらったりもしたので、保障うんぬんは問い合わせる気はありませんでした)

上記のような原因があるかもしれない事と、

「鍵屋さんに依頼する前に、一度バイク屋さんに見てもらった方が良い」とアドバイスしてもらいました。

 

購入したバイク屋さんは少し遠方だったの

後日、お世話になっているバイク屋さんへ伺って症状を見てもらいました。

 

鍵屋さんに依頼するにしても、シリンダーを交換することになっても

数万円は覚悟しないとなぁ…と思っていました。

 

 

わたし「かくかくしかじかで、鍵が奥まで入らないんです…様子をみてもらえませんか?」

 

店員さん「ちょっと鍵をお借りします」

 

カチャカチャ…

 

…カチッ

 

開いた。

 

一瞬なにが起きたのか分かりませんでした。

店員さんに原因を説明してもらってようやく理解。

そして赤面。

 

察しの良い方はお気づきかもしれませんが

結論から言うと、鍵は奥まで刺さっていたのです。

 

固定ベルトがカウルに干渉した事で、シートが通常より浮き上がった為

シートを固定している金具のツメが摩擦で動かなくなっていた。

つまり、鍵が回りづらい状態になっていた。という事でした。

※力を入れて回したら鍵が折れるんじゃないかと不安になっていたので諦めていました、この点はプロに任せてよかったです。

 

反省として、私の罪を記します

1つ 鍵の入る深さを勘違いしていた。

2つ 原因がシートバッグではないと思い込んだ。

3つ そのせいで関係各位を騒がせた。

おれは自分の罪を数えたぜ…マツ…

さぁ、お前の罪を(違)

 

今回はご厚意で無料で済ませてもらってしまいましたが、

次回お伺いする際には菓子折りを持参する所存です…

ほんとうにありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

余談ですが、お世話になっているお店のメカニックさんが

私と同じ年式のCBR乗っていたそうで

「この年式いいですよね!顔可愛くて!でも、この顔不人気だったんですよね!w」

と仰っていて、とても親近感が湧きました。

分かる人(しかも乗ってた人)から言われる不人気車って言葉は…

ゾクゾクするねぇ…

 

以上

思い込みって本当に怖い。というエントリーでした。

Yの決断 ~CBR1000RR(SC59)納車~

当日の天気は 曇時々晴れ の予報、実際は薄い雲の張った青空で

暑くもなく、寒くもないというバイクに乗るには適した一日。

 

友人S氏に協力してもらい、お店の開店時間に合わせて車を出してもらいました。

S氏、本当にありがとう…!

 

お店に到着するとナンバーの付いたSC59がお出迎え。

車格はMC41とさほど変わらないはずなのに、緊張していたのか現車確認した時より大きく感じてしまい「本当にコレ乗って帰れるのだろうか…」と不安になりました。

 

店員さんにご挨拶して納車手続き

Yさん、引き渡しまで丁寧に対応してくださりありがとうございました。

 

クラッチの当たりを確認しながら、テストで数回エンストさせてから出発

 

ハイオクは昭和シェル石油で!と決めていたので、検索した近場で初給油

残念ながらセルフではなかったのですが、スタンドの店員さんがバイク乗りだったらしく「これ新車ですか?」と一声かけてくれました。

普段はセルフのスタンドでしか給油しないので、そういった会話が出来るのは友人スタンドの面白いところだなぁ、と思ったり。

 

帰り道に数か所ロケ地を巡り(S氏にも付き合ってもらいました(;´∀`))

憧れのバイクで、憧れの場所へ行くことが出来ました。

 

仮面ライダーWより 鳴海探偵事務所

f:id:Halfboilder:20170312224445j:plain

この写真を撮っている時、4~5歳くらいの男の子がこっちを見ながら

「あのバイクかっこいい!仮面ライダーみたい!」と言ってくれたのです…

胸が…熱く…なりました。少年よ、その気持ち大切にしてね…ありがとう…。

 

本日1日、CBR1000RRを約100kmほど運転してみましたが

MC41と比較して、アクセル開度に対してのレスポンスの良さ、異次元の加速体験

エンジンブレーキの効かなさ、どんどん上がる水温などなど

いいところ、悪いところがたくさんありすぎて心の整理が追いついていません。

 

緊張の糸が途切れた為か、異常な眠気に襲われながらこの記事を打ち込んでいますが

現時点で、これだけは確信を持って言えます。

このバイクに乗って良かった。

 

もう少し走ったら、ちゃんとした(?)インプレッションも記事にしたいと思います。

Yの決断 ~ありがとうCBR250R~

バイクを乗り換えます。

2回目の投稿だというのに落ち着きがなくて申し訳ありません。。。

 

手続きなどは既に進めており、現在納車待ち

(というか「MC41の自賠責保険が切れるまでもう少し乗っていたい。」と無理言って納車時期を伸ばしてもらっていた)状態です。

 

ブログを始めた理由は前回の投稿で述べさせていただきましたが

 

cbr-halfboilder.hatenablog.com

 

MC41に3年間乗っていたのに記録がない…。

この反省を踏まえた上で、これからは備忘録としてでもいいから記録を残していこうと思った訳なのであります。

 

 

引き渡し前に、3年間で走ってきた思い出の場所をもう一度訪れてみました。

 

 

出発地、東京某所から国道299号線で秩父

 

道の駅あしがくぼで休憩し、お昼ごはんを豚みそ丼で有名な『野さか』で頂きました。

f:id:Halfboilder:20170305233006j:plain

豚みそ丼(ロースとバラ)大盛りねぎだく

 

初めてこの店舗を訪れた時には1時間以上並んで入った記憶があります。

その時は、『野さかで豚みそ丼を食べるツーリング』だったので空腹と闘いながら待ちましたが

今回は開店前から店先に出ている名簿に記入し、開店1順目での入店が出来たので

前回よりはスムーズに食事を済ませることが出来ました。

(20分前に記入した時には既に15人ほど名簿が埋まっていました)

 

食後は散歩がてらミューズパークの展望台へ

f:id:Halfboilder:20170305233139j:plain

秩父の町並みが一望できる素敵な場所、ここから眺める武甲山が好きです。

ミューズパークでは特撮の撮影も行われているのでロケ地巡り目的でも何度か訪れました。

 

埼玉県道53号線を抜けて名栗湖へ

f:id:Halfboilder:20170305233134j:plain

名栗湖は近隣のロケ地巡りをしている最中に偶然立ち寄った場所でした。

後日、仮面ライダーディケイドなどのロケ地だった事を知ってもっと写真を撮っておけばよかったと後悔した記憶があります。(何度も通うことになるのですが)

ここで休憩していると色々なバイクが通り過ぎて行くので、それも楽しみな場所です。

 

奥多摩周遊道路から都民の森

f:id:Halfboilder:20170305233136j:plain

都内に住んでいるライダーのオアシスです。

ここまで綺麗に整備されている観光道路はなかなかないと思います。

都民の森では小岩井のミルクコーヒーとカレーパンを食べるのが楽しみでよく来ます。

f:id:Halfboilder:20170305232952j:plain

しかし残念ながらその日のカレーパン売り切れ、オフシーズンなのであまり数を用意していなかったのかもしれません。

乗換え後にリベンジしたいと思います。

 

そんなこんなで楽しくツーリングを終えることが出来ました。

何れも初めて行った時には、そこへ行く為にツーリングを企画した場所ばかり 何週間も掛けて走った工程を、今では纏めて一回のツーリングで走れるようになりました。

 

そして、この場所にはまた走りに行くこともあると思います。

そんな時にはMC41の事を思い出し、初心に立ち返るようにして、無事にバイクライフを楽しんで行きたいと思います。

 

翌日も天候に恵まれました。

最後の洗車をして、納車した時の帰り道を逆から辿りながら、ゆっくりと店舗へ向かいました。

 

f:id:Halfboilder:20170305233104j:plain

駐車場に着くと、偶然にもMC41を納車される方が車両についての説明を受けているところでした。

なんだか懐かしい気持ちになりながらライダーさんへ「素敵なバイクライフを!」と心の中でエールを送っていました。

 

店員のKさん、とても丁寧に対応してくださってありがとうございました。

 

引き渡しを済ませてから歩いて帰宅し、落ち着いたところでTwitterをチェックすると内田理央さんがこんな事をつぶやかれていました。

(仮面ライダードライブで、ヒロインの詩島霧子役を好演された女優さん)

 

実は私のバイク、仮面ライダードライブ仕様にしていた事がありまして(当時の完成報告ツイートに内田理央さんも☆くれたのは良い思い出)

偶然とは言え、このツイートに鳥肌が立ってしまいました。

f:id:Halfboilder:20170305233938j:plain

センチメンタルな気持ちになっていたところに思わぬサプライズ

とてもうれしい気持ちになれました。

 

話がうまくまとまらず、かなりな長文となってしまいましたが

私とMC41との 物語はここでいったんおしまいです。

 

バイクの楽しさ、辛さ、気持ちよさ、寒さ、危険etc…

たくさん教えてもらいました。

最初の1台に選んで本当によかった。

ありがとう、CBR250R。

f:id:Halfboilder:20170305233043j:plain

何故ブログを始めようと思ったのか

 

はじめまして。

 

最初の記録になりますから、簡単に自己紹介をさせていただきます。(※2017年3月時点)

 

続きを読む